珍貸営業マンの楽しいBLOG! DX

新宿の不動産管理会社の社員が送るブログです!

サイト内検索

*

   

本日はmasaakiがブログを担当します。

世界最大手のファストフードチェーン、マクドナルド。現在約3万5000店を超える店舗が約120か国に存在する。

すごい店舗数ですね!!! 私も日頃お世話になっております。
マクドナルド☆
そんな、マクドナルドが素敵な試みを行ったニュースが目に入ってきたので
皆様にお伝えしたいと思います。

マクドナルドが、今回スウェーデンに「世界最小のマクドナルド」をオープンしたそうだ。店舗名は「マックハイブ(McHive)」。ハイブとはハチの巣を意味する。
そう、その店はミツバチ専用に作られたものなのだ。

スウェーデンのマクドナルドは印象的な蜂の巣を作るために、クリエイティブ・エージェンシーNORD DDBと協力し、ミツバチのための、ミニチュアなマクドナルド店「マックハイブ」を完成させた。マクドナルドのレストランがそのまま再現された外観は、非常に精巧な出来栄えだ。窓に貼られた宣伝用ポスターや、ドライブスルーの小窓、屋外席となるテーブルやベンチ、そして何よりマクドナルドのロゴである金色のアーチなど、全てが本物そっくりである。

しかし、店の中にはカウンターやテーブル席などはなく、ハンバーガーやシェイクも販売されていない。内部は、ミツバチが蜜蝋(Beeswax)をたっぷり作ることができる木枠で満たされているのだ。ミツバチのための小さなマクドナルドは「世界最小」ではあるものの、何千というミツバチを収容するには十分な大きさだそうだ。

 スウェーデンのマクドナルドは、このファストフード店に見立てたハチの巣「マックハイブ」を作っただけではない。「ハチの巣プロジェクト」と称し、他にも複数の店舗が、屋根の上にハチの巣を設置したり、ミツバチを引きつけるため敷地内の芝生を花壇に変更し始めた。
ミツバチ絶滅の危機が世界的な問題に

 ミツバチなど花粉を媒介する生物の役割と重要性を認識するための「世界ハチの日」も設定されているが、生息域の破壊、殺虫剤の影響、ダニの寄生、蜂群崩壊症候群などによる病気、気候変動が原因となって、驚くべきスピードで減少しているのが現状だ。

 花粉を運ぶミツバチなどの生物なしに人間の食糧の安全保障は成り立たない。国連ではミツバチや蝶など花粉媒介生物の約40%が絶滅の危機に瀕していると警告しており、これら生物に対する保護の重要性が訴えられている。

ミツバチがいなくなると、将来食糧難など様々なことがおこるといわれています。
こうした小さな取組みがとっても大切になっていくんだとあらためて実感している
ところです。
最後までお読みいただきありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。是非、ワンクリックをお願いします。m(._.)m
こちらをクリック!
・deepな世界にハマるかも。⇒ 「うみのすけの役に立つ(かもしれない)ブログ DX」

・社員の大真面目なメルマガです! ⇒ 「賃貸経営を成功させるメールマガジン」

 - masaaki

  関連記事

電車ニュース!

皆さんこんにちは。 本日はmasaakiがブログを担当します。   最 …

安全第一!!!!!!!!!!!!!!!!!

皆さんこんにちは。 本日はmasaakiがブログを担当します。   最 …

ラグビー日本代表に負けないぞ(^^)/

本日はmasaakiがブログを担当します。 お久しぶりです。masaakiです。 …

もうすぐ(^^♪ クリスマス♪

お久しぶりです。masaakiです。 ブログランキングに参加しています。是非、ワ …

全英女子オープンを42年ぶりに制した!!!!!!

皆さんこんにちは。 本日はmasaakiがブログを担当します。 ブログランキング …

石川遼PO制し涙の3年ぶり優勝☆:::::::::::::::

皆さんこんにちは。 本日はmasaakiがブログを担当します。 個人的に最近ゴル …