珍貸営業マンの楽しいBLOG! DX

新宿の不動産管理会社の社員が送るブログです!

サイト内検索

*

「 kado 」 一覧

4月21日 賃貸座談会開催!!

  2019/04/24    kado

皆さんこんにちは。
本日はkadoが担当致します。
 
ブログランキングに参加しています。是非、ワンクリックをお願いします。m(._.)m
こちらをクリック!
 
今回はkadoがお伝えします。
 
4月21日とても良い陽気の日曜日に川崎にて
大家さん税理士との賃貸座談会を開催させて
いただきました。
 
この場をお借りして、ご参加いただいた方々に
御礼を申し上げます。
 
さて、当日は気候も暖かいというより汗ばむような
気候の中、21名様にご参加いただきました。
 

 
講師はご自身も大家さんで、数々の著書も出されている
大家さまに身近な税理士の渡邊先生を中心に
色々なお話をご参加者様とやり取りをさせていただきました。
 
お話の内容としては
事前に参加者様から質問したいこと等をヒアリングさせていただいた
中からいくつかをピックアップさせて先生に投げかけさせて
いただきました。
 

 
最初は参加者の方々もご意見が出づらかったようですが、
時間を経るごとに先生のお話の上手さも手伝って
色々なご意見ご質問も上がってまいりました。
 
主にな内容としては
・空室対策について
・消費税還付について
・キャッシュフローを上げるには
・法人化について
等、先生の方からも分かり易い解説も交えながら
参加者様にも実り多い座談会が開催されたと思います。
 
改めてご参加いただいた皆様ありがとうございました。
 
来月の5月25日にも船橋にて
『建替時に知って得する立退き交渉と賃貸トラブル解決法』と
いったセミナーを開催させていただきます。
家賃滞納による明け渡し等賃貸トラブルに関する
裁判実務を得意とする司法書士の太田垣先生にご講演をいただきますので
詳しくは下記URLをご覧ください。

2019年5月25日(土)『建て替え時に!知ってトクする、立ち退き交渉と賃貸トラブル解決法』賃貸経営セミナー


 
最後までお付き合い頂き、ありがとうございます

 

・deepな世界にハマるかも。⇒ 「うみのすけの役に立つ(かもしれない)ブログ DX」

・社員の大真面目なメルマガです! ⇒ 「賃貸経営を成功させるメールマガジン」

レンガの賃貸物件とレンガの歴史

  2019/03/26    kado

みなさまこんにちは。

本日はkadoがブログを担当します。

ブログランキングに参加しています。是非、ワンクリックをお願いします。m(._.)m
こちらをクリック!

 
3月17日の日曜日に、今年最初のイベントを開催させていただきました。
 
内容は弊社がコンサルティングささせて頂いた物件を3か所バスで巡る見学会でした。
当日はお天気も良く、定員24名のところ、21名様の方々に参加いただきました。
 

 
この場をお借りして当日ご参加させて頂いた皆様ありがとうございました。
 
そのバス見学会の1現場目はレンガを外壁に使用して、
外壁のメンテナンスがほとんどかからない物件をご案内しました。
 
メンテナンスがほとんどかからない理由はレンガにあります。
 
サイディングの外壁は経年と共に劣化しますので、
15年に1回ぐらいの頻度でメンテナンスが必要になります。
それに比べ、レンガは変化が少なく逆に味わいが出ます。
 
ガルバリウム鋼板に上質のレンガを上下からはめ込み目地をモルタルで固めて
外壁を支えるという高い安全性でレンガが剥がれ落ちることがありません。
また、目地にコーキングを使用しないので、メンテナンスがかかりません。
 

 

 
外観はレンガですので、他の賃貸物件との差別化にも繋がります。
 
さてレンガの歴史っていつからあってどのような建物に使われてきたのでしょうか。
 
レンガが建物建材として使用されたのはメソポタミア文明の時代からだそうです。
紀元前3500年前ぐらいの文明から使われていたというと、相当古くからの
建築建材だということが理解できます。
エジプトの最も古いピラミッドの中には内部の壁にレンガを使用して外側
を石で仕上げているものもあり、そこで使われていたレンガの寸法は
現在のそれとほとんど変わらないようです。
 
日本で建物用レンガの生産が始まったのは長崎の海軍伝習所(1855年開所)とされています。
 
レンガを焼く材料として薪を得るため無計画な森林伐採が行われて砂漠化が
真似かねる場合があり、インダス文明やメソポタミア文明は
それが原因で衰退したと推測もされていて、中世のドイツなどでも森林の
過剰伐採が行われたようです。
 
レンガは経年するごとに独特の風味が出てきます、
日本にある有名なレンガ建築物は
東京駅舎、横浜赤レンガ倉庫、韮山反射炉、富岡製糸場、赤坂離宮などがあります。
文明開化を代表するようなレンガの建物見物は、この春のお出かけにはちょうど良いかもしれません。
 
もし、レンガの賃貸物件を考えてみたいという方がいらっしゃったらご一報ください。
 

・deepな世界にハマるかも。⇒ 「うみのすけの役に立つ(かもしれない)ブログ DX」

・社員の大真面目なメルマガです! ⇒ 「賃貸経営を成功させるメールマガジン」

文化財に触れながら

  2019/02/27    kado

みなさまこんにちは。

本日はkadoがブログを担当します。

ブログランキングに参加しています。是非、ワンクリックをお願いします。m(._.)m
こちらをクリック!

とても暖かく、いい陽気の日曜日に
小田原までドライブに出かけてきました。

そこで、ランチはどうしようかと
スマホ検索をしていると、有形文化財に登録されている
料理店があるとの事でそこでランチをいただきました。

だるま料理店というお店で、店前には順番待ちの人で溢れていました。

だるま料理店は網元であった、金沢出身の達磨(たつま)仁三郎が
明治26年に創業しだるま大師の縁起にちなみ、屋号をだるま料理店と
したそうです。
現在有形文化財に登録されている建物は大正12年の関東大震災により
創業時の主屋は倒壊してしまい、二代目の吉蔵がブリの大漁で得た
潤沢な資金を注ぎ込み贅を尽くして再建をしたそうです。(だるま料理店HP参照)

一般の人は食堂でのお食事になりますが、慶事などで利用される大広間もあるようです。

メニューとしては
お寿司、定食、天丼などがあり、天丼が人気メニューとの事で
ボリュームがありとても美味しく、天丼をいただきました。

ここで、有形文化財とは何かなと少し調べたのですが、
建造物、工芸品、彫刻、書跡、典籍、古文書、考古資料、歴史資料などの
有形の文化的所産で我が国にとって歴史上、芸術上、学術上価値の高いものを
総称して「有形文化財」と呼んでいます。(文化庁HP参照)

有形文化財の建物としては
東京大学安田講堂、神奈川県庁本庁舎、東京タワー、学習院正門等
全国で11502件登録されているそうです。

春の陽気も近づいてきましたら、有形文化財の建物散策などもいいかもしれません。

・deepな世界にハマるかも。⇒ 「うみのすけの役に立つ(かもしれない)ブログ DX」

・社員の大真面目なメルマガです! ⇒ 「賃貸経営を成功させるメールマガジン」

駅伝はすごい!

  2019/01/23    kado

みなさまこんにちは。

本日はkadoがブログを担当します。

ブログランキングに参加しています。是非、ワンクリックをお願いします。m(._.)m
こちらをクリック!

 

今年の三が日は皆様どのようにお過ごしでしたでしょうか。

私は久しぶりに家でのんびり過ごしたお正月でしたが、
あまりにも暇で箱根駅伝の応援に行ってきました。

箱根まで行く気力はありませんでしたので、
復路にて横浜駅近くからの応援になりましたが、
ランナーの皆さんの一生懸命な姿に思わず声援も大きくなりました。

マラソンや駅伝の速い選手は1Kmを3分で走るそうです。
時速約20Kmで走る計算となります。
車では時速20Kmだとそんなに早くは感じないかもしれませんが、
人間がその速さで20Km以上を駆けていく駅伝は周りから見ていも
迫力があります。
私も8年前ほどに湘南国際マラソンの10Kmの部にエントリーしましたが
55分もの時間がかかりましたし、早いランナーが駆け抜けていく様は
とてもついてはいけませんでした。

今年の箱根駅伝は青学の5連覇も予想されていましたが
東洋大、東海大と3校が本命でした。

その中、地元の東海大学が大会新記録で初の総合優勝を飾りました。
弊社の東海大学出身者も喜びひとしおの様でした。

私の出身校は最終的に16位。
また、予選会からの厳しい戦いがありますが、
来年こそはシード権を獲得してもらいたいものです。

・deepな世界にハマるかも。⇒ 「うみのすけの役に立つ(かもしれない)ブログ DX」

・社員の大真面目なメルマガです! ⇒ 「賃貸経営を成功させるメールマガジン」

寒い夜には『鍋』

  2018/12/12    kado

みなさまこんにちは。

本日はkadoがブログを担当します。

ブログランキングに参加しています。是非、ワンクリックをお願いします。m(._.)m
こちらをクリック!

気象庁の発表によりますと、12月11日に前橋市にて
関東平野部としてはこの冬初めての雪が降ったとの事で、
同市では平年より4日早い観測となったそうです。
最近はようやく寒い日が続いき、冬の到来を実感するようになりました。
『立冬』でも本州でも夏日の気温を記録し、
冬の寒さは何処へやらと思っていましたが
ようやく冬将軍が働きだしたのかなと思います。

寒くなったら何が食べたくなりますか?

温かいものが食べたくなりますよね?!

私が一番に温かい料理として思い浮かぶのが『鍋料理』です。

私の家庭は共働きなので、凝った料理はできないので
『鍋料理』は冬には野菜も沢山獲れ大変重宝します。

※これはキムチ鍋を作った時の写真です。(見栄えが悪くて申し訳ないです)


※↑これは「もちはだまる」という商品で近くのスーパーで買うのですが、もちもちで最高の触感です!
ここで少し鍋の雑学を…
日本には縄文時代~弥生時代ごろから煮炊きを目的とする
調理器具がありましたが、鍋状のものが出現したのは鉄器が
登場してから。しかし、これらで作る料理は汁物や煮物であり
現在の鍋物とは異なるものでした。
また、各自が自分の膳で食事をする文化があったため、鍋で作った
料理は調理が終わってから取り分けられるものであり、火にかけた
ままの鍋を直箸でつつくことはしませんでした。
現在の『みんなで鍋をつつく』形が普及したのは卓袱(しっぽく)料理
などが登場したことによって『ひとつの皿や鍋から料理をいただく』という
スタイルが定着したのが、江戸末期から明治ごろと考えられています。
【出典:ミツカン 鍋なび 鍋のネタ帳より】

鍋はもともとは基本的に炊事具であり、古来中国では日本の
鍋の原型になったと言われている『鼎(かなえ)』は
王室の礼器として使っていたほどで、鍋を直箸で汚すなどは
もってのほかとされていた時代もあったようです。

しかし、今では種類も豊富で
具材も好きなものを入れて個性を出すにはもってこいな
料理で、インスタグラムに映えるような特徴的な
鍋を出すお店なども多くあります。

私は個人的には水炊き、もつ鍋、豆乳鍋などがフェイバリット鍋です。

皆様寒い日にはご家族や、お友達と一緒に鍋をつつきあってみて、
寒い冬を元気にお過ごしください。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

・deepな世界にハマるかも。⇒ 「うみのすけの役に立つ(かもしれない)ブログ DX」

・社員の大真面目なメルマガです! ⇒ 「賃貸経営を成功させるメールマガジン」

『緑』のある生活

  2018/11/07    kado

みなさまこんにちは。

 

本日はkadoがブログを担当します。

 

ブログランキングに参加しています。是非、ワンクリックをお願いします。m(._.)m
こちらをクリック!

 

皆様は『緑』に触れいてますか?

 

私は植物に触れ合う機会は多くはありませんでしたので、
家の中に観葉植物を置くことにしました。

 

 

園芸屋さんに足を延ばし、数多くの観葉植物の中で
選んだのが『ネムノキ(合歓木)』です。
マメ科ネムノキ亜科の落葉高木です。

 

選んだ基準としては何と言っていも、育てやすさ。
どうしても平日は家にいないので、シャッターを閉めてしまい
光が入るスペースが少なく、水もある程度少なくて済むという理由で購入しました。
大きくなれば10~15メートルもの大きさになるようです。

 

ネムノキのネムは夜になると葉が閉じる(就眠運動)に由来するといわれています。
夜暗くなれば、葉が閉じ朝になり明るくなれば、葉が開くという
植物の中でも分かり易い動きがるのも楽しみの一つです。
 

 

この就眠運動は光を当て続ける実験を行ったところ概日リズム(一般的に体内時計とも言う。)に
従って就眠するということが判明しています。
※概日リズム:約24時間周期で変動する生理現象で、
 動物、植物、菌類、藻類などほとんどの生物に存在している。
 厳密な意味では、概日リズムは内在的に形成されるものであるが、
 光や温度、食事など外界からの刺激によって修正される。(Wikipedia)

 

夏には繊細でとても綺麗な花を咲かせるそうです。
その姿は細い糸が集まって作られる姿が花火のようでもあるようです。
まだ一緒に夏を過ごしていないのでその季節が来るのがとても楽しみです。

 

そして、ネムノキは綺麗に葉を伸ばす植物ですので、
あまり剪定の作業はしなくても良いのですが、
切り取った枝を土に刺すだけの繁殖方法『挿し木(さしき)』で
数を増やすことができるようです。
まだ、今はまだできませんが、とても簡単な作業のようですので
是非チャレンジをしてみたいと思っています。

 

皆様も折を見て自然に触れる機会を作ってみて、しかし、
中々その機会がないときには室内で育てられる、観葉植物を
お求めになれれて、日頃の生活に『緑』を加えてみてはいかがでしょうか。

・deepな世界にハマるかも。⇒ 「うみのすけの役に立つ(かもしれない)ブログ DX」

・社員の大真面目なメルマガです! ⇒ 「賃貸経営を成功させるメールマガジン」

大人も楽しめる懐かしい絵本

  2018/08/29    kado

こんにちは!本日はkadoが担当いたします。

ブログランキングに参加しています。是非、ワンクリックをお願いします。m(._.)m
こちらをクリック!

 

『だるまちゃんとてんぐちゃん』、『からすのパンやさん』などの
絵本をご存知でしょうか。
今年、5月に亡くなったかこさとし先生の作品で、
昔、読んであげたり、読んでもらったりと、
一度は目にされている方も多いと思います。
 

 

プロフィールとして
かこさとし(加古里子)
1926年に福井県武生市(現在、越前市)に生まれる。
東京大学工学部化学科卒業。工学博士。技術士(化学)。
児童文化の研究者。(かこさとし公式HPより)

 

私も小さいころに読んでもらった記憶があり
その企画展『かこさとしの秘密展』が川崎市市民ミュージアムで
開かれており、行ってきました。
かこさとし先生と川崎市は縁深く同市でセツルメント(社会福祉活動)に参加
するようになり、そこで子供たちと触れ合う中で物語を作るようになったとの事です。

 

この展示会などで『だるまちゃんとてんぐちゃん』、『からすのパンやさん』等を見るとファンタジータッチな描写なのですが、
他の作品の中には工学博士ならではの精緻な絵の作品もあり
『かこさとしからだの本』等は擬人化された食べ物が愛らしいのですが、
体の中は細かい描写もされていて大人も楽しめる展示でした。

 

9月9日まで開催されているようでもおう少しで終わってしまいますが、
お時間がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。
 

 

因みに私が子供のころに好きだった作品は『どろぼうがっこう』でした。
子供ながらに間抜けなどろぼうたちと最後の落ちにはワクワクさせられました。

 

**********************************************************

・deepな世界にハマるかも。⇒ 「うみのすけの役に立つ(かもしれない)ブログ DX」

・社員の大真面目なメルマガです! ⇒ 「賃貸経営を成功させるメールマガジン」

 

 

2年ぶりの体感

  2018/07/05    kado

こんにちは!本日はkadoが担当いたします。

ブログランキングに参加しています。是非、ワンクリックをお願いします。m(._.)m
こちらをクリック!

 

先日、プロ野球の観戦チケットをいただいたので、

DeNA対阪神戦を横浜スタジアムにて観戦してまいりました。

約2年ぶりのプロ野球観戦でしたが、結果から申し上げますと、

DeNAの16:6で負けてしまいました。久しぶりの観戦で、応援しているチームが負けてしまい残念な気持ちで帰宅しました。

私は生まれも育ちも横浜市なので、小さい頃は友達と横浜スタジアムに野球観戦に行ったこともしばしばでしたが、今と違い平日などはスタンドもガラガラだった記憶があります。

しかし、現在では満席とはいかないまでも空席も少なく応援もにぎやかで何より、試合の途中途中にて盛り上がるイベントが模様されるので、約3時間の試合時間においても老若男女飽きることが少ないです。

隣の席には女子高生とその家族がDeNAのユニホームを着て応援歌なども歌いながら、大きな声援を送っているのを見て、現在の野球の姿を見た気がします。

現在は2020年のオリンピックに向けて横浜スタジアムはスタンドなどの改修工事を行っていまして、収容人数を35,000席になる予定です。

時代ごとにスポーツも観戦環境も変われば、接する人間も変わってきています。

久々なスポーツ観戦にてプロ野球の変化も体感しましたので、次はJリーグを体感してみたいと思っています。

それでは、また次回!

 

**********************************************************

・deepな世界にハマるかも。⇒ 「うみのすけの役に立つ(かもしれない)ブログ DX」

・社員の大真面目なメルマガです! ⇒ 「賃貸経営を成功させるメールマガジン」

 

 

こんなに引越したの?

  2018/05/16    kado

こんにちは!本日はkadoが担当いたします。

 

ブログランキングに参加しています。是非、ワンクリックをお願いします。m(._.)m
こちらをクリック!

 

神奈川支店から東京本店に移動し、ようやく慣れてきたところです。
都内を営業など移動する機会も増え、色々な景色が目に付くようにいなりました。
先日、打ち合わせの帰り道で、誓教寺というお寺の入口に目がいきました。
『葛飾北斎』の墓と書いてありました。
こじんまりしたお寺ですが、普通のお墓の中に葛飾北斎の墓所がありました


葛飾北斎は江戸時代後期の浮世絵師で、有名な作品として『富嶽三十六景』や『北斎漫画』、『富士越龍図』などが有名だと思います。
フィンセント・ファン・ゴッホなどの印象派にも多大な影響を与え1999年のアメリカの雑誌の企画で『この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人』の中で日本人として唯一ランクインした海外でも有名な人物です。

 

私自身も葛飾北斎はとても好きで富嶽三十六景の『神奈川沖浪裏』をスマートフォンの待ち受け画面にしているほどです。とても力図良く波の荒々しさ、その一瞬がどんな時に見ても飽きません。


そんな葛飾北斎ですが、賃貸にとってとても馴染み深い?人物でもあります。
北斎は生涯に93回以上も引っ越しをしたといわれております。
なんと一日に3回も引っ越したともいわれています。

 

引っ越しの理由としては娘のお栄(葛飾応為)との創作活動を優先する為、部屋を散らかしても掃除もせず、その部屋が汚れの限界になったら引っ越すということで、それだけの回数を数えたようです。
今の賃貸管理会社や大家様からすれば、たまったものではありません。
しかし、93回目の引っ越しにて、以前に暮らしていた部屋に再入居した際、その部屋が引き払った当時のまま散らかっていたので、引っ越し生活に終止符が打たれたという逸話も残っております。
 

そんな破天荒な葛飾北斎、名前も何度も変遷しています。
一つのところにとどまらない気概が人を圧倒する作品を生み出したのかもしれませんね。

 

それでは、また次回!

 

**********************************************************

・deepな世界にハマるかも。⇒ 「うみのすけの役に立つ(かもしれない)ブログ DX」

・社員の大真面目なメルマガです! ⇒ 「賃貸経営を成功させるメールマガジン」

 

セミナー開催の報告と御礼

  2018/03/22    kado

こんにちは!本日はkadoが担当いたします。

 

ブログランキングに参加しています。是非、ワンクリックをお願いします。m(._.)m
こちらをクリック!

 

3月21日弊社東京本社セミナールームにて賃貸経営セミナー
生産緑地2022年問題と相続税対策を開催させていただきました。
私は拙いながらも司会を担当させていただきました。
 
当日は季節外れの寒さと雪交じりの雨の中、多数の方々にご参加いただきました。
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
 

 
今回のセミナーは2部構成で、
 
第1部は有限会社グッドタイム代表取締役の平井利明氏に
生産緑地制度の概要と生前準備の重要性と複数の地権者による
土地再生と価値創造の実例もご紹介いただき、医療保険を活用した
相続対策もご解説いただきました。
 

 
第2部は弊社のオーナー様でもある中里会計事務所の税理士 中里隆重氏に
相続と相続税の基本からご解説いただき、小規模企業共済の有効利用と
サザエさんを例に財産家から投資家として長生きが楽しいライフスタイルの
ご提案もお話しいただきました。
 

 
生産緑地のセミナーということで、新規のお客様も多数ご来場いただき
生産緑地問題が生産緑地所有者だけではなく、ご所有の物件にも影響があるのだと
改めてご認識いただき、相続対策のテクニックも持ち帰っていただけたので、
ご来場いただいた方々にはご満足いただけたのかと思っております。。
 
今後ともお客様にご満足いただけるようなセミナーを企画・開催していきたいと
思っております。
 
4月21日(土)に神奈川県横浜市にて
税務対策セミナー『資産税専門家のプロが説く本当の税務対策』を
開催させていただきますので、皆様のご参加を心よりお待ちしております。
詳細こちら→https://cocobuybuy.com/event/3553/
 

**********************************************************

・deepな世界にハマるかも。⇒ 「うみのすけの役に立つ(かもしれない)ブログ DX」

・社員の大真面目なメルマガです! ⇒ 「賃貸経営を成功させるメールマガジン」